e MAXIS Slim米国株式(S&P500)を買うべき理由

投資

まず投資信託とはなにか

投資を始めたい、けど個別株なんてどれを買ったらいいかわからない。

そんな時に投資信託

株の寄せ合わせパックのようなものでたとえば

今回紹介する商品 e MAXIS Slim米国株式(S&P500)を買うとアメリカ全体の会社に一度にまるっと投資できるイメージです。

商品の特徴

S&P500指数とはスタンダード&プアーズ社がニューヨーク証券取引所及びNASDAQに上場している銘柄の中から代表的な500銘柄の株価を時価総額比率で加重平均した指数。

米国市場の約80%をカバーする指数。

つまりアメリカ全体を買っているような感じでアメリカ経済の成長の恩恵に授かれるわけです。

今までの実績

セクター比率

組入上位銘柄は誰もが知っている有名企業ばかり

Microsoft、APPLE、Amazon、Facebook、ALPHABET(Google)などが上位を占めていて

                          https://money-laboratory-ryoma.net/sp500/ (参照:マネーの研究室)

セクターも程よく分散されています。

リターン

昨今米国株式への投資が人気のなか手軽にまず一歩踏み出すなら投資信託から初めて個別株を少しずつ買ってみるのもありかなと思います。

またつみたてNISAやiDeCoの利用もおすすめです。

なんと言ってもインデックス投資の醍醐味といえば長期保有。

過去データによると20年保有で最低でも+7.68%の平均年利という事実。

《毎月3万円を20年間年次リターン7%で計算すると》

なんと15,627,800円

元本は7,000,000円

倍以上になるんです。

もちろんきれいに毎年7%増えるわけではなくリターンがマイナスになるときもあれば10%以上の年もあります。

あくまでこれは過去のデータによる計算なので未来はどうなるかわかりませんが。

最後に信託報酬の安さ。

もはやe MAXIS Slimといえば最低水準の信託報酬というイメージですよね。

もし他社の同等な投資信託が信託報酬を下げたり新商品を出しても他社に追従して信託報酬を下げてくれるという安心感。

長期保有が絶対条件になってくるインデックス投資家にはありがたい限りです。

※上記の数値は信頼できると考えられる情報をもとに作成していますが情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

また、当ブログの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありませんのでご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました