【SBI】買い付け手数料無料の海外ETF【楽天】初心者向け

投資

今回は海外ETFの購入をこれからしていきたいという方向けに、

2大ネット証券会社のSBI証券・楽天証券で買える買い付け手数料無料のETFを紹介していきたい。

ただし注意していただきたいのは海外ETFを購入するときには円貨決済と外貨決済が選択できるということ。

かかるコストは買い付け手数料だけではないのだ。

最終的にはドルでないと海外ETFを購入できない。

日本円から自動的にドル転換して決済する円貨決済、自分で事前に円からドルに両替しておいて、そのドルを使い決済を行う外貨決済このふたつの決済方法がある。

ちょっとだけお得なドル転

個人的な好みというかとことん無駄な出費を抑えたいなら

SBI証券と住信SBIネット銀行を利用して、

住信SBIネット銀行でたびたび行われている外貨積立セールを利用するのが得策ではないかと思う。

ちなみに住信SBIネット銀行では

米ドル為替コスト 4銭

通常時外貨積立利用 2銭

外貨積立セール時 銭(買付時)

これは使わなきゃ損でしょってことで僕も積立を行ってます。

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

ネット証券口座開設数No.1 

 ※比較対象範囲は、口座開設数上位のネット証券5社

(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順))です。(2020年6月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)

ちなみに今回のセールは2020年9月25日約定分までです。

でも通常時も2銭なので海外ETFの購入を予定してる方はこつこつドル転したいところです。

話を戻して買付手数料無料のETFをご紹介します。

SBI証券の買付手数料無料ETF

VT バンガード トータル ワールド ストックETF

VOO バンガード S&P 500 ETF

VTI バンガード トータルストックマーケットETF

IVV iシェアーズ S&P 500 ETF

SPY SPDR S&P 500 ETF トラスト

EPI ウィズダムツリー インド株収益ファンド

DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド

DLN ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド

DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長

楽天証券の買付手数料無料ETF

VT   バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

VOO   バンガード・S&P 500 ETF

VTI   バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

SPY  SPDR S&P 500 ETF
RWR   SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF

GLDM  SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト
GDAT   GS データイノベーションETF
GDNA   GS ヘルスケアイノベーションETF
GFIN  GS 金融イノベーションETF

両社とも9つのETFが対象となっています。

無料なら何でもいいかというとそうではないので個人的なおすすめを述べさせていただくのであれば

2社どちらでも買付手数料無料のVOO・VTI・VT

そして金に投資をしたいなら楽天証券で買付手数料無料のGLDMです。

VOO

主に米国大型株を投資対象とする、S&P500 指数に連動

経費率は0.03%

IVV・SPYもS&P500 指数連動ETFのため中身はほぼ一緒で運用会社の違いだけだ。

ただSPYに関しては経費率が0.09%なので強いこだわりがないかぎりIVVかVOOでいいだろう。

VTI

大型株から中小型株まで米国株式市場の投資可能銘柄ほぼ100%に投資

このひとつで3500社以上への投資ができる。

パフォーマンスはほぼS&P500指数と変わらないが、長期で見た場合小型株まで含めた指数が大型株の指数をアウトパフォームしてきた過去がある。

経費率は0.03%

VT

米国を含む全世界の先進国株式市場及び新興国市場へ幅広く投資

全世界8000社以上に投資をする

現在はアメリカが好調なため米国株投資・S&P500指数・NASDAQ100指数などが注目を集めるが

この状況が20年、30年続くことはないだろう。

そういった意味でどの国が伸びてもその恩恵を吸収できる全世界投資を投資初心者の方には勧めたい

経費率は0.09%

GLDM

現物の金地金に裏付けられており、小口から金への投資が可能

経費率は0.18%

まとめ

海外ETF・投資信託、投資を始めたばかりだとどちらを買ったらいいかわからないですよね。

これはどちらも一長一短ある投資家にとっては永遠のテーマかもしれません。

ただ海外ETFを購入するとドル円の値動きが気になったり、世界の経済にもより興味を持てると思うので少額から始めるのは大いにありだと思います。

ではまた✋

投資 海外ETF
Keiをフォローする
寺子屋Keiブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました